葦原のゴミムシ


冬休みに入り時間もあったため自転車に乗り、以前から採ってみたいと思っていた虫を求めて河川敷のサイクリングロードを突っ走る。

34km程チャリを漕ぎポイントに到着した

b0364549_10114296.jpeg

虫を採るという雰囲気には程遠いが東京湾限定のご当地ゴミムシが採れるのである。

学校のジャージに着替えクロックスサンダルを履きアシ原に突入していく。

b0364549_10110285.jpeg

5分程アシの枯れ草をかき分けると

b0364549_10125653.jpeg
キイロホソゴミムシ
早速本日の本命ゲット!

もっと苦戦するのかと思っていたけど、割とあっさり採れてしまった(笑)

更にアシをかき分けるとどんどん出てくる。
40匹近い集団も出たので半分程かっさらい採集を終了した。

...33匹も採ってしまったよ(笑)

b0364549_10141051.jpeg

絶滅危惧種に指定はされているものの、環境さえ残っていれば問題なく世代を繋げていせるようであった

そして、同じく河口付近に生息するハマべミズギワゴミムシも採集できた
b0364549_10155443.jpeg




[PR]
# by Nialoe5364 | 2016-04-03 19:51 | オサムシ・ゴミムシ | Comments(0)

合同掘削採集


この日は高校のOBであるShizumaさん、ばけものさん、そして現役部員のおさかな先輩、るりてんとトレキを求めて掘削採集に行った。

成果を言うとトレキに関しては全員採れなかったがガロアムシやホソヒラタゴミなどが採集できた

b0364549_10065399.jpeg

b0364549_10080696.jpeg
こんな具合です。(ピンボケすみません)

諸事情により遅れたShizumaさんも無事ガロアを確保できたが、るりてんは1人採れず悔しそうな表情を浮かべていた。

ガサガサをしていたおさかなさんはいい成果?が出たようでクーラーボックスには100近いアブラハヤが入っていた。(勿論大半はリリース)

成果は微妙だったものの採集後にファミレスでばけものさんとShizumaさんから標本や採集に関して色々と教えて頂き良い収穫を得ることができた。(ありがとうございましたm(_ _)m)

またこのメンバーで採集したい(今度はもっと楽な採集でw)





[PR]
# by Nialoe5364 | 2016-04-03 19:48 | 採集記 | Comments(0)



2015/10/25
始発に乗るべく午前三時に起床しおむすびを作り駅に向かった。それにしてもめちゃくちゃ寒い…

電車とバスを乗り継ぎとある山へ


b0364549_12400882.jpeg

ハードな登りを終えて尾根に出る。
細い黒枯れの枝があったので捻るように折ってみると、ホソツヤルリクワガタと思われる幼虫が数匹現れたので枝をテイクアウト。

尾根を進むとプラティが好みそうな腐朽木がたくさん転がっているので割ってみる
案の定幼虫がポロポロと…そして成虫が姿を現す。
 
b0364549_12410527.jpeg
ピンボケしているがトウカイコルリであろう。
他にもマダラ、オニのような幼虫とゴミムシダマシを摘み。登山を再開。

途中登山道に倒れていた巨大なミズナラの倒木を割ってみるとクロナガオサムシが現れた。

b0364549_12414947.jpeg

山頂まで登りきり、産卵マークのある枝を割ってみるとプラティは出ないがハナカミキリと思われる幼虫が出てきたため持ち帰る
(後日ヤツボシハナカミキリと判明)
b0364549_12425197.jpeg
頂上付近には赤枯れの丸太点々としていて、割るとオオクロナガゴミムシやマルガタナガゴミムシなどのプテロ類が出てくる

マルバダケブキも群生しているのでコブ叩きを...なんて思っていたがかなり乾燥していて採れるわけもないので、丸太を割ってプテロを追加していく、しかしここで気づいた。

毒ビンを落としたいう事に…orz

クソゥクソゥなんでだよぉ、初採集のトウカイコルリも入ってたっていうのに(泣)
 
悔し紛れに道の横にあった丸太に振りかざすとか運がいいのか、悪いのか。今日の本命が姿を現した

b0364549_12433580.jpeg
ホソアカガネオサムシ

ヤッタ、採れた…なんだか複雑な気持ちだ…

どうやら集団で固まってたようで7個体得られた。真っ黒なオサムシだと思っていたが実物を良く見ると銅、黄、緑など様々な色彩の個体がいるようだった。
オサ堀りを続けるが追加はなく、このひもう1つの本命であるチチブホソクロナガオサムシが姿を表す事はなかった。




[PR]
# by Nialoe5364 | 2016-04-03 19:43 | オサムシ・ゴミムシ | Comments(0)



無事ヒメヤママユを採集し、同行された方々と別れ、山の夜明けを眺めながら、ラ◯チパックとメ◯シャキを腹の中に流し込み採集へ臨む


b0364549_11062410.jpeg

今回の目的は前々回と変わらずメクラチビゴミムシとプテロ。かなり冷え込んできているがまだ採れるだろう、と淡い期待抱きながら以前の沢へ…

早速石を起こす
不発…
もういっちょ!
不発…
まだまだ!
不発…
これは流石に…
不発…
もう、読めた…

うーん…キッツ…
前日の徹夜もあり頭がめちゃくちゃ痛ぇ…

余りにも頭痛が酷かったので、そのまま沢の脇に横たわり20分程仮眠をとる。
携帯のアラームが鳴り、目が覚め石起こしを再開する。

出ねぇ採れねぇ…やはり季節が原因なんだろうか?
プテロは採れそうにないからメクラチビを狙うべく、リュックから手グワを取出し、沢の脇を掘削しはじめると…

b0364549_11071714.jpeg
タナカナガゴミムシPterostichus(Nialoe)lalitys

あぁ、理解した。

その後掘削を続けると数は少ないがプテロが4頭出てきた。(うち1匹は生態写真を撮影しようとしたら泥中に潜られ見失った)

しかし、いくら掘ってもチビゴミは出ない
やはり難関種は違うな

全く採れる様子がないので沢移動
以前は見つからなかったがうまく発見できたので掘削を開始する。沢というより涸れ沢だが…

石を起こすとツヤヒラタやヨリトモナガゴミムシが飛び出してくる。30センチ程掘り進むと地下水が滲み出てきた。お、いい感じ!?

そんな事を思ってる時期が私にもありました。

2時間掘削を続けるが出てこない。出る気配がない。

そうこうしてるうちに時間もなくなり帰宅となった。帰りの道中はとてもきつく
電車内では涎を垂らして寝てしまったらしく、服が悲惨な事になっていた。



[PR]
# by Nialoe5364 | 2016-04-03 19:42 | オサムシ・ゴミムシ | Comments(0)


テストが終わり、るりてん、Iさん、鱗翅さんと待ち合わせ、1ヶ月ぶりの採集へ。

目的地までの過程で網を忘れたり、電車内で虫屋さん(天保山さん)と知り合いになるなど色々出来事があり過ぎましたが長く長く長くなり過ぎますので割愛

ワケあり遅刻をしていたので山の最寄からダッシュで待ち合わせ場所に向かい皆さんと合流。
Iさんは既に駅でヒメヤママユを採集されていた

先に登山していたオサ丸さんTさんと合流し2グループに分かれ採集。
自分は明日の石起こし体力を残すためにも横になり休憩

すると、目の前の外灯にクスサンと思われる大きな蛾の影が…

少し間が空いたが立ち上がり横にあった網を手に取ってダッシュ。しかし、その影は森の中に消えてしまい、網を手に取る際にるりてん網をぶつけただけで終わってしまう始末。

残念 …

しばらく休憩してると、下から登ってきたTさん、鱗翅さん、オサ丸さん達がオサ堀りやるという事で自分もハイエナする事に。

5分ほど掘ってようやくエサキオサムシを掘り当てた。

b0364549_09341213.jpeg

この後エサキを1匹追加しアトボシアオゴミムシの集団を当て終了。

Tさんとオサ丸さんは10匹近くエサキを掘り当たようで、Tさんは黒緑型も掘り当てていた
自分は成果こそは出なかったものの上手い人の掘り方を真近で見て、オサ堀りの世界観もかなり変わった。

引き続き、ヒメヤママユを探して外灯をめぐり近くの木をスウィープしていたらアトモンサビカミキリ?が網に入った

b0364549_09352049.jpeg


このカミキリってこの時期まで生き残ってるのか…

するとここで、鱗翅さんがヒメヤママユを採集したらしく全員ヒートアップし血眼になりヒメヤママユを探し始める…

しばらくし、るりてんもクスサンを拾っていた。鱗翅さんはどんどん追加されてる模様だ

1人なかなか採れず意気消沈し休憩していると、オサ丸さんが満面な笑みを浮かべて上の方から下りてきた。
なんと、1つの外灯で3頭ヒメヤママユが採れたらしい。
親切にもその外灯の場所を教えてくれたので自分もそこで粘ってみると、すぐに見慣れない中型蛾が飛来してきたので慌てて網でキャッチ!

中を確認するとそこにはヒメヤママユが!
オサ丸さんに礼を言い。写真撮影

b0364549_09360588.jpeg

美しい…時期を外したため1匹しか採集できなかったが、おかげで新成虫が採集できた。
夜が明け皆さんは下山を開始する。


自分は1人この山に残り次の採集の準備を開始














[PR]
# by Nialoe5364 | 2016-04-03 19:38 | 鱗翅目 | Comments(0)