春の九州


4/26
急遽、良からぬ事情によって両親の実家である宮崎県に向かうことに…
しかし、幸運なことに状況が一変し事態が良い方向へと進んだので5日間ほど宮崎県で採集をできることに。

あまりにも急だったため特に狙っているものはなかったが、とりあえずベイトトラップを使ってホンマイとヒメオサだけは必ず持ち帰りたい。


4/28

いつもの雑木林に向かうと林の面積の半分ほどが伐採されしまっていたが、去年はなかったクヌギの粗朶が点々としてる。これは「ヤツ」が居るであろう…
居た。秒で見つけた
b0364549_05573241.jpg

ハラアカコブカミキリ(ベニフカミキリ)
Moechotypa diphysis Pascoe,1871
対馬から佐賀に上陸してきて九州、中国地方で猛威を奮っている国内外来種
b0364549_05583414.jpg

b0364549_05591212.jpg

b0364549_06000721.jpg

うわぁ…そこら中にいる、キモーい



小規模な粗朶でありながらも30匹ほど駆除

粗朶の見回りを終え伯母の家の庭と雑木林にコップを計50個埋設し、今日のところは一旦終了


4/29
用事を済ませベイトトラップを確認へ
しかし前夜の冷え込みが原因のためか、あまり振るわなかったようでヒメオサムシが6匹とハラアカコブ1()とオオゾウムシ1(リリース)

b0364549_06021371.jpg
ヒメオサムシ基亜種
Carabus (Ohomopterus) japonicus Motschulsky,1857


中身を確認し終わりハラアカコブ駆逐のために粗朶をルッキングするものの、昨日沢山駆除したので今日は粗朶からは1匹も得られず…


b0364549_06030580.jpg

セミスジコブヒゲカミキリ
Rhodopina lewisii lewisii Bates,1873
いたのはこいつとヒメクロトラカミキリ

ハラアカコブがいないと、だいぶしょっぱい粗朶のようです(苦笑)


何も採れないので午後は夏の作戦決めがてらに祖父に山へ連れて行ってもらったものの、ここでもあまり振るわず

リター厚い土壌で軽く石起こしをしてツヤゴモクなど採集を収集し終了。

一旦伯母の家に戻り、この一帯を長時間うろつけるのは今日が最後のため簡素なライトトラップを設置して就寝

4/30
九州とは思えなぐらいの寒さの中起床
案の定ライトラに甲虫はほとんどおらず、ヨツボシモンシデムシが付いてたのみ。

ライトラの影響かは知らないが玄関先にあった黄色のバケツの中にオオキイロコガネが入っていた。

b0364549_06050795.jpg
オオキイロコガネ
Pollaplonyx(Pollaplonyx) flavidus Waterhouse,1875


この日少し午前に用事があったので

午後からは市内にある海岸近くの公園の照葉樹林に70個コップを埋めた。


ここまでの交通手段は車しかないので100は設置したかったがスコップが途中で折れてしまい撤退。

仕方ないので残りの30個は父方の実家付近の様々な環境に設置して今日の作業は終了

5/1
早朝から30個のコップを回収に向かった。

林、干潟、休耕田にそれぞれ10個ずつかけた。

まずはマイマイカブリの可能性もある林からしかし、オオクロツヤヒラタゴミムシが20匹ほど…

ハズレみたいなもんだ

次は休耕田
すると一つ目のコップに大きめのゴミムシの影
よ〜く見覚えのあるやつに違いはない
だがしかし模様と大きさが違う…こいつは!

b0364549_06110643.jpg

オオミイデラゴミムシ
Pheropsophus javanus Dejean,1825
オオミイデラじゃん!

うーん…南国って感じだ
南西諸島を中心に生息しているらしい。


その後追加はなく、干潟に向かったが案の定冠水していた

近場の回収が済み
朝食を取り今度は海岸の公園へ向かった。
b0364549_06123247.jpg

回収を進めていくと獣害を結構受けている。
これは厳しいなぁ…

落ちてない、落ちてない、落ちてない、落ちてない…
タッパーの中にはオオクロツヤヒラタが溜まっていくがホンマイは0
気づけば60個も回収が済んでいる
残り10個で半ば諦めながらも回収していく。
65個からもう完全に諦めかけていたが67個目に奇跡は起きた。

b0364549_06114620.jpg

マイマイカブリ基亜種
Damaster blaptoides blaptoides Kollar,1836

落としたーーー!!!!

久しぶりに気持ちいいガッツポーズをキメて
一気に肩の力が抜けた。

折れたスコップが完全に使い物にならなくなるまで埋設した甲斐があった!(嬉泣)

ホクホク気分で全てコップの回収を終え帰還。
コップを洗浄し再びオオミイデラの落ちた休耕田へ向かった50個程コップを動員
今日のところの採集は終了

5/2(最終日)
今日の採集は勿論朝のトラップ回収のみ。
結果は
オオミイデラ5
ミイデラ1
ナガマルガタゴミムシ1
ビロードサシガメ1

これで宮崎ツアー最後の採集が完了。オオミイデラの追加と初見のツヤゴモクが採れたので個人的には満足である。
今年はまた夏に訪れるので今回発見したオオミイデラのポイントやら砂浜のハンミョウ採集で燃え上がることだろう。


[PR]
# by Nialoe5364 | 2016-11-07 05:49 | 採集記

トラップ回収&花掬い

だいぶ溜めてしまいました…
同定できない虫ばかりになるので、色々わけわからんあの縛り辞めようと思います。

2016/4/16
この日は午前中に授業があったのだが
エゾヨツ採集で掛けたトラップを回収しに行かなければならなかったので沢に向かった。

トラップを1つ1つ回収していくものの、プテロはおろかゴミムシすら不発

結局ホソモリヒラタとチビシデとハネカクシ少々とアリヅカムシが一頭落ちていた程度。

落胆しながら帰路に着こうとしていた道中
偶然花掬いを終えた、同じ生物部のるりてんと遭遇…

40分という短時間でヒゲナガコバネが3匹という快挙を成し遂げたらしい

なら掬うしかないっしょ!

カエデまで案内してもらい
網まで貸してもらってスウィープ
b0364549_05255329.jpg

コジマヒゲナガコバネカミキリ
Glaphyra (Glaphyra) kojimai Matsushita, 1939

コボトケヒゲナガコバネカミキリ
Glaphyra (Glaphyra) kobotokensis Ohbayashi, 1936

オダヒゲナガコバネカミキリ
Glaphyra (Glaphyra) gracilis Hayashi,1949


よしゃーー!!!!!!!!

時刻は午後4時掬った時間はものの10分
こんなコンディションでもこの成果!
どうやら彼が見つけたのはホンモノの御神木だったようです。

結果
クロモリヒラタゴミムシ
Colpodes (Gyrochaetostylus) atricomes Bates,1873 1ex.

ホソモリヒラタゴミムシ
Colpodes(Oncostylus) speculator Harold,1878 4exs.
不明チビシデムシ 1ex.
不明チビシデムシ2exs.
不明アリヅカムシ 1ex.
不明ハネカクシ 1ex.

オダヒゲナガコバネカミキリ
Glaphyra (Glaphyra) gracilis Hayashi,1949 1ex.

コボトケヒゲナガコバネカミキリ
Glaphyra (Glaphyra) kobotokensis Ohbayashi, 1936 1ex.

コジマヒゲナガコバネカミキリ
Glaphyra (Glaphyra) kojimai Matsushita, 1939 1ex.

[PR]
# by Nialoe5364 | 2016-11-07 05:20 | カミキリ

春のエゾヨツメ採集

4/10
以前から採ってみたかったエゾヨツメ採集をトラッピングついでにということで山へ向かった

朝早くから林道をうろつき回りカエデ掬いや石起こしをしたのだが、惨敗を喰らいトラッピングをし早急にヒメヤママユでもお世話になった山に登った。

現地で知り合った虫屋さん2人組(MJMJさんとその後輩くん)と虫トークをしながら日没を待った

陽も完全に暮れたので3人で外灯を見回っていく。

どえやら10人を超えそうな大学生の虫屋さん軍団も来ていてライバルも多いようだ…

散策を開始して約1時間1匹目のエゾヨツメを発見。3人で網を振り回すも空振り。

エゾヨツメは短期決戦らしいので狙い目はこの時間帯という事がわかり。自分は張ってみる事にする。

10分もしない内にエゾヨツメが飛来。
ばっちょ「今度こそ!」
網「スカッ」
ばっちょ「orz」

しかし直ぐに現れ再再戦
またも空振り…しかしエゾヨツメは落下し地面に着地。直ぐに網を被せる
b0364549_19031779.jpeg
エゾヨツメ
Aglia japonica microtau Inoue, 1958

よっしゃ〜!!!!採れた〜!!!!

その後10分程で追加個体が飛来。今度こそ空中でキャッチ
b0364549_19083562.jpeg
斑紋変異も採れてしまった

しかし悦に入っている中時間を見るとかなりギリギリだった。

MJMJさん達と別れを告げ夜の登山道を駆け下り、なんとか20分で下山。

帰宅後足を攣りながら成果を広げて再び悦に入った

結果
エゾヨツメ
Aglia japonica microtau Inoue, 1958 2exs.









[PR]
# by Nialoe5364 | 2016-05-22 18:07 | 鱗翅目

時間の有効活用

自分は頭が良くないから血反吐吐くまで勉強しなきゃ大学には入れないんだろうけど、気がつくといつも虫をいじって遊んだり、Twitter開いてそのまま数十分経過したりって具合で時間の無駄使いがとても上手い。

時間を増やすためには部活をなるべく早く切り上げた方が良いのかなぁ?
生物系の部活に所属してるとはいえ、ここで割と時間を無駄にしてる気がする…
けれど、部室には双眼実体顕微鏡やTG-4があるから依存している面もある。
普通に道具揃えて行けばいいじゃないかとは思っても スペースにあまり余裕がないことと、決まった時間でしか作業ができないという、欠点がある。
やはり同定の時だけ虫を持って行くのがベストなんだろうか…


しかしそういったコツコツしたことがとても苦手だから少しずつ克服していかないといけないんだろうな
それとTwitter開く時間があれば文献読もうとする癖をつけないとだなぁ…



[PR]
# by Nialoe5364 | 2016-04-19 23:21 | つぶやき

軽い報告

お久しぶりです。
カエデの花掬いが熱い季節になってきましたね。

このブログも二週間目に突入しました。一気に更新したから更新停滞?はしてるけれど、ちゃんと採集行ってるんでネタはまだあります。安心して下さい(笑)
とは言ってもアクセス数は見てて悲しい気持ちになる程度の数値。
けど、まだ初めたばっかだからもっとアクセスされるような素敵な虫ブログに…なれるのかな?w

まぁさっき言った通り、一気に更新したため採集した昆虫や種名の表記が雑だったので、次の更新からは画像の下に学名と標準和名。記事の最後に採った虫の学名と標準和名と数を記入していきたいと思います。

そして最後にもう一つ、私はプテロ屋を目指してる訳ですが採ったナガゴミはリスト化し同定方法などを載せていきたいと思います。

以上、プチ報告?でした



[PR]
# by Nialoe5364 | 2016-04-17 09:51