房総の漆黒

2016/8/31

高2の夏休み最終日は以前から採って見たいと思っていたゴミムシを狙いに千葉県へトラップを掛けに行ってきた


今回狙いであるゴミムシは、シダの繁茂したスギ林の林床にベイトトラップを仕掛けると採れると文献に記述されていたので、その通りの環境を2地点発見しコップを25個ずつ設置


あとは5日後に祈りポイントを後に…


b0364549_21422306.jpg

帰路の道中に発見した黒いナミアゲハ、不吉な気がしてちゃんと狙いのものが採れるか不安になってきた()



2016/9/4

回収

落ちていた虫は以下の通り



b0364549_21040457.jpg

オオキベリアオゴミムシ

Epomis nigricans

幼虫時代にアマガエル食であることで有名な綺麗な大型ゴミムシ

東京では幻レベルと言っても過言ではないかもしれないのだがここ千葉県での個体数は多く、今回は11頭も確保できてかなり嬉しかった


b0364549_09245652.jpg

オオホソクビゴミムシ

Brachinus scotomedes

低山地の林床でトラップをかけると必ずと言っていいほどこの虫が落ちる

同じホソクビゴミムシ科のミイデラゴミムシ同様刺激するとガスを噴射するヤツ。ミイデラほど強力ではないが。

ホソクビゴミムシ科の仲間は幼虫期にかなり偏食性が強い傾向にあるため、本種は生態面で不明な事が多いようだ

b0364549_09195468.jpg

アトボシアオゴミムシ

Chlaenius naeviger

オオホソクビゴミムシ同様、本種がこの様な環境で落ちない訳がないと言えるほど個体数が多い優占種である。

よく似たキボシアオゴミムシは全胸背板に細毛が無く、点刻がやや疎である事から本種見分けられるとか。
b0364549_09223756.jpg


アカガネオオゴミムシ

Trigonognatha cuprescens

大型でピンク〜紫の色彩が美しいお気に入りのゴミムシ

比較的採集し易い、大きい、美麗という三点からなかなかスペックが高いゴミムシである。

しかし香りはゴミムシの中でも最悪である



b0364549_21020322.jpg
イスミナガゴミムシ
Pterostichus (Nialoe) isumiensis

よっしゃああ!!!!採れたあ!!!!

本種は20年前に発見された千葉に唯一生息しているプテロ(広義ナガゴミムシ亜属)

関東においてプテロは東京湾を中心に関東、八溝、阿武隈山地などに分散している事から、氷河期においてはかつて東京湾が陸地であった場所を主な生息地とし、そこから分化したという説が本種の発見によって、より濃厚になったとか

そして、何よりデカイ。
オオキベリやスジアオに体長なら匹敵するレベル。
そんでもって漆黒のボディ、真紅の脚、鋭く強靭な牙を持つ訳だから厨二心をくすぐられる。
今回は2♂だけ得ることができた。


他にもヨリトモナガゴミムシ、オオゴミムシ、センチコガネなども落ちていたが割愛。

(厳密には夏休みではないが)高2の夏休みの最後の思い出をフィールドに感謝し帰路についた


[PR]
by Nialoe5364 | 2017-06-18 20:32 | オサムシ・ゴミムシ

武蔵の国から


2016/8/25

一度この手に掴みたい憧れのゴミムシが都内のT山にいると言う事を知ったので、中学時代からの友人と現地待ち合わせ久しぶりにナイターをする事にしました

そのゴミムシは今から約20年ほど前に発見され、その分類群の中では特異な生息環境と分厚い体は当時の多くのゴミムシ屋を魅了した事だろう(と思う)

目標を掴むべく天狗の山にいざ出陣…
b0364549_22220955.jpg



登山道を登っていくと早速オオゴキブリの成虫やフタホシスジバネゴミムシがチラホラと見つかります。


b0364549_22582058.jpg
フタホシスジバネゴミムシ
Planetes (Planetes) puncticeps Andrewes, 1919
何度も採集しましたが都産は初めてなので、ありがたく採集しました。
いつ見てもこの「我こそはゴミムシ」とでも言いたげなフォルム(意味不明)には飽きる気がしないなぁ〜〜


虫を毒ビンに入れて登山を再開

しかし、間も無く地面を這っているソレに思わず息を飲みました。

今回のメインの登場です…
b0364549_22203641.jpg

b0364549_22205784.jpg

b0364549_22214859.jpg
ムサシナガゴミムシ
Pterostichus (Nialoe) musashiensis Kasahara, 1993

ヤッタ…!!
登山開始してものの10分
本日最初の雄叫び

武蔵を冠する本種は広義ナガゴミムシ亜属に分類されながらも、他のプテロのように沢を生息環境とはせず、
林床を主な生息環境とするタイプでヨコハマナガゴミムシやイスミナガゴミムシなどとも近縁な関東を象徴するプテロといっても過言ではないでしょう。
装甲はとても厚く歩行はゆったりとしていて勇ましい、まさにその姿は鎧武者

一早く目的を達成し、友人と合流し
そして現地にIさんも来ていらしたので3人でノンビリ採集をはじめていきます。

早速電灯を回っていきます
b0364549_22234428.jpg

b0364549_22241217.jpg

b0364549_22250119.jpg

ヤママユ
Antheraea yamamai

イエローバンドだけ確保しました。
この地は色彩変異が豊富らしく、見とれてしまうような美貌をした個体も多々います。

b0364549_22423673.jpg

エサキオサムシ(クロオサムシ関東地方北西部亜種)
Carabus (Ohomopterus) albrechti esakianus Nakane, 1961
高尾の常連
ヤママユほど豊富ではありませんが黒化型、緑化型などの色彩変異があります。

b0364549_22432526.jpg

オオスナハラゴミムシ
見ての通りミミズの死骸を捕食中
かなりの地域差がある虫なのでなるべく集めるようにしています。なんと沖縄本島では40mm近い大型オサムシのような個体も採れるようです

b0364549_22443037.jpg

アヤモンヒメナガクチキ
ナガニジゴミダマなど…
弱い甲虫屋なのでよくわかりません

b0364549_22194993.jpg

ヒメマイマイカブリ
オオゴキブリ狙いのiさんが木の幹をしばいてたら落ちて来ました。

b0364549_22450189.jpg

アカエゾゼミ
地面に這ってました笑
一度拝んで見たかった虫なのでラッキー


その後Twitterのフォロワーさんである、たこ焼きゾンビマンさんとその弟さんと合流し五人でだらだら虫屋トーク。

タコゾンさんはこの時期にもかかわらず真っ白なヨコヤマヒゲナガ雄と72mmの巨大ミヤマクワガタを採集していました。

その後もだらだら灯火を周回したり虫トークをしたりを繰り返していると…
アレ!?
ムサシナガ!!

b0364549_22452445.jpg

死骸でした笑

組み立てられそうだったのでテイクアウト。

その後メッキリ成果はなく朝になったので下山しました

久しぶりのナイター採集で成果もちゃんと上げる事ができました。

一緒に採集した皆さまお疲れ様でした!




[PR]
by Nialoe5364 | 2017-03-20 22:15 | オサムシ・ゴミムシ

ブナ帯のプテロを求めて

すっかり年も開けてしまいました笑
今年もよろしくお願いします。
2016/5/29
朝、眠りから覚め最後に残ってるのは携帯のアラーム音を消した記憶。

二度寝して寝坊したぁ...

急いで家を出て電車に乗り込み
ここで、焦って家に地図を忘れたことに気付く

まさに負のスパイラル(泣)

帰るわけにも行かないのでとりあえずポイント最寄りバス停に降り立った。

しかし、案の定道がわからなくなり、とりあえずポイントと終点が同じ安全な登山道に突っ込んだ。

安全と言われてるわりには、厳しい急登を登り、ようやく沢を発見
b0364549_19501412.jpg




寝坊で時間もなかったのでここにベイトトラップを60程掛けて下山
石起こしの際ミヤマメダカゴミムシやガロアムシなんかもいた。




6/4
結構雨が降ったようなので流されていないか心配だったが沢に着いてみると大丈夫そうだった。
トラップ回収を始めると、無数のチビシデムシ…

同定は難しい種ではないかもしれないが本格的にやる勇気はない。

そして雨が降ってベイトにカビが生えたせいかシリホソハネカクシ、ヒゲブトハネカクシ、サビハネカクシなど、やたらハネカクシの種類が多かった
もしかしたらこれはベイトにカビを使うのものもありかも??
b0364549_19505881.jpg

b0364549_19512749.jpg



そして主役の登場

b0364549_19515661.jpg

ウエノオオナガゴミムシ
Pterostichus(Paralianoe)uenoi STRANE,1955

デカイ…

今までタナカとミヤマしか見たことない自分にはとてつもなく大きく感じる。
体長は21mm普通のニッコウオオズより遥かに大きいだろう…

久しぶりのプテロに今回は満足




[PR]
by Nialoe5364 | 2017-01-01 19:45 | オサムシ・ゴミムシ

野焼き採集

毎年この時期になるとゴミムシ屋にとってのビックイベント?がある。

そう某遊水池の野焼き採集
今回は初めてその野焼き採集に行ってきた

野焼き採集が何かわからない方もいるかもしれないので、野焼き採集についてざっくりと説明すると…
毎年この時期に野焼きをする某遊水池では火から逃げて石の下に昆虫たちが潜り込み
それを採集するというものであります。
-------------------------------------------
2016/3/27

今までの採集にないほど気持ちが高揚していた状態で電車に揺られて約2時間…目的地に到着し、いつもの採集装備に着替える。

目標はクロモンヒラナガ、チョウセンゴモク、ワタラセハンミョウモドキ、アリスアトキリゴミムシ、トネガワナガゴミムシ、カジムラヒメナガゴミムシである。

焼け野原を進み本日最初の石を発見

さぁ、一発目!
b0364549_09014941.jpeg
オオヨツボシゴミムシ

うおおおおお!キタコレ!こんなあっさり来るとは!初採集!


二発目
b0364549_09030424.jpeg
クロモンヒラナガゴミムシ

これもまた初採集!目標の一つでありそしてこの地で一番採りたかった虫、もうサイコー!!

三発目
b0364549_09040050.jpeg
チビアオゴミムシ

今日は運に味方されてんなこれ

流石に四発目とは続かなかったものの
六発目でチョウセンゴモクを採集

b0364549_09054225.jpeg
チョウセンゴモクムシ

光沢がとても良い

その後ナカグロキバネクビナガゴミムシやキンナガゴミムシ、コガシラナガゴミムシなどを採集。
晴れてきたのでワタラセハンミョウモドキを狙うべく目星を付けていたポイントへ向かった

ポイントに着く途中河川敷を見つけたので5分ほど寄り道してみると
b0364549_09064130.jpeg
アカガネオサムシ

マジか!
今日の俺一体どうした…

ポイントに到着し泥炭地を歩いてみるとミズギワゴミムシやメダカハネカクシやミズギワカメムシがそこら中を走っていた。

長靴を履いていたのだが、底なしが多くかなり苦戦した。

徘徊してると虫屋さんとその後輩達と遭遇した。
話をしていくうちにその虫屋さんが高校のOBのばけものさんの知り合いである餅月さんだと分かった。

餅月さん曰く、どうやらここはワタラセの多産ポイントらしい。アドバイスを受け早速ルッキング…

早速餅月さんが発見

ワタラセはたくさん持っているということで親切にも私に譲ってくれた。

(本当にありがとうございましたm(_ _)m)

しかし、自分でも採らなければ!
ルッキングを開始して五分ほど経っただろうか、その青いゴミムシが自分にもその姿を現してくれた

b0364549_09084574.jpeg
ワタラセハンミョウモドキ

オッシャ採れたぁ!
(手前の個体が自分で採集したもの)

しばらくして餅月さんがアリスを採集しにいくという事で、自分も同行させてもらった。

泥炭地を去る途中、ナガゴミムシが歩いていたので採集
こんなところにナガゴミ?トネガワナガゴミムシだったら良いなぁなんて思っていたが帰宅後調べてみたところ予想は外れた。しかしまさかのこいつが目標の1つであるカジムラヒメナガゴミムシだった
b0364549_09102981.jpeg
カジムラヒメナガゴミムシ


餅月さんが去年アリスを採ったというポイントに到着した。
石をひっくり返すとチョウセンゴモクやらホソクビゴミムシは出てくるががアリスはなかなか出ない。

一通り石を捲ったが結局この日アリスを見る事は出来なかった。

チョウセンゴモクを数匹摘み餅月さんと別れ帰路に着いた。

終わり方ははあまり良くなかったものの沢山良いムシが採れたので満足である。

--------------------------------------------後日談〜翌日に起きた悲劇〜


いつものように(なんちゃって)ホワイトバックでクロモンヒラナガを撮影中、なかなか動きを止めてくれなかったので息を吹きかけて動きを止めようと試みた

しかし、自分の吹きかけた息でクロモンヒラナガが吹っ飛んでしまい、落ちた地点と思われる場所を急いで入念に探すが見つからない…

その後も部屋に野村ホイホイを仕掛けたり色々試したが見つかる事はなかった

一番採りたかった虫が…

クソオオオオオオオォ!!!(泣)

THE END
















[PR]
by Nialoe5364 | 2016-04-03 20:14 | オサムシ・ゴミムシ

冬場の港町

部活で静岡県の深海博物館に行くことになり、折角静岡行くなら採集がしたい…
という訳で始発に乗って他の部員より早く目的地に向かった
b0364549_22294814.jpeg

途中の駅から見えた景色がとても美しい…

b0364549_22302012.jpeg

ビルの隙間から顔を出す富士山。

少々脱線しましたが、今回の狙いはオサムシ。
ルイス、アオオサ基亜種、シズオカがいるらしいのでとりあえず未採集のシズオカを狙おうと思う。

とゆーわけで山へ…

早速崖を発見したので崩すとすぐに出た

b0364549_22320119.jpeg
シズオカオサムシ

思ってたよりかなり大きかった、アオオサよりほんの少し小さいってぐらいのサイズである。

なんて言っても伝わらないかもしれないので、手っ取り早くクロナガとのツーショットを…

b0364549_22332681.jpeg

その後一頭を追加したもののなかなか出なかったので移動。

時間もギリギリだったので結構焦っていたのだがラスト10分で良好な崖を当てることができた
b0364549_22342993.jpeg


b0364549_22353072.jpeg

セミとツーショット

b0364549_22362610.jpeg
コアシダカ?


シズオカオサムシは11頭採れた。中には緑を少し帯びている個体もいた

b0364549_22381838.jpeg
採ったのはこんな崖

途中オカダトカゲと思わしきものも採集

部活で乗る予定の無料送迎バスの時間も近いので駅まで死に物狂いでダッシュした

バスに乗り込むと1人も部員がいない。
疑問に思いバスから出て連絡を取ると遅刻者のため遅れるらしい。

早く伝えてくれれば、もっと採集できたのに、走った意味はなんだったのか…まぁ、いいか

その後部員達と合流し博物館でシーラカンスの標本や展示されてる海洋生物を見学した
b0364549_22392778.jpg
シーラカンスの冷凍標本
1mほどあって迫力がある


他にも色々な海洋生物などの展示があったが、どれも内容の展示ばかりで勉強になった
一通り見学したので、やはり行き着く所は採集である。

深海博物館を出てとりあえず川に向かってみると、キイロホソの生息環境と酷似した土壌を見つけたので河川敷に降りて石起こしをしてみた。

早速ミズギワゴミムシが出てきたので摘み上げてよく見てみると

b0364549_22421093.jpeg
キバナガミズギワゴミムシ

キバナガミズギワじゃん!
以前から採ってみたいと思っていた虫の一つだ

b0364549_22430639.jpeg

こっちはダブル!

住居として利用しているのか、イソメの巣穴に多かった。

7頭程採集できた。

b0364549_22434465.jpeg
カッコイイフォルムに美しいメタリックグリーン。素晴らしいゴミムシだ

b0364549_22460477.jpeg

足元で威嚇してきた大きなカニ

集合場所に戻るとヌマエビ屋の先輩がガサガサで採ったナベブタムシを渡してくれた。

b0364549_22474923.jpeg

生きてるナベブタムシは初めて見た
そんなこんなで静岡訪問記は終了である。

またいずれ訪れてみたい




[PR]
by Nialoe5364 | 2016-04-03 20:05 | オサムシ・ゴミムシ

房総でゴミムシ採集

この日は父親が休日だったため千葉県に連れていってもらった。
谷津田で車から降ろしてもらい田園風景を徘徊する

降ろして貰ったのはいいのだが、休耕田かそうでないか見分けがつかない。一体何処を掘れば良いのやら…

しばらく徘徊し明らかに休耕田と思われる水田脇を発見
掘るとアリやマルカメムシに混じって大きな黒いゴミムシが転がり出た
b0364549_12160801.jpeg
オオスナハラゴミムシ

掴んだら、変な液体をビュッと噴射
うわ、全部くらっちまったよ。
まぁちょっとピリッとするぐらいだから平気か。ん…?いや、痛ぇよ!!!
嘘だろ、貴様にそんな力はなっかたはずだよなぁ!!!

悶絶する人指し指を犠牲にして掘り続けると

b0364549_12163740.jpeg
スジアオゴミムシ

oh...君が出ると他のゴミムシが続かなくなるんだよなぁ…

こりゃだめだ、と判断し1人で散策を続ける
しかし何処いっても掘れそうな場所が全くない。
もう1時間ほど歩いただろうか...これじゃ移動で終わっちまうぞ…
歩き続けても仕方がないので必殺Googleマップを発動し近くに池があったので向かってみる

池付近の崖は掘ってみたが何も出なかったので池の内側から土を崩すように掘ってみると沢山の小さな爆発音と共に湯気のようなものが湧き上がってきた。
b0364549_12201440.jpeg
ミイデラゴミムシ

ガス噴射で有名なゴミムシだ噴射を連発してきたため、温泉でも掘り当てたのかと思った

さらに崩すと数の暴力と言わんばかりのミイデラゴミムシの中に紛れて明らかにサイズの違うデカいゴミムシが転がりでた。
b0364549_12211281.jpeg
オオキベリアオゴミムシ

オオキベリだぁ!!!中学の頃からずっと憧れてた虫が採れたぁ〜イィヤッホーい!

しばらく掘り続けると足元の水面に黒い虫が浮かんでいたのですくい上げる

b0364549_12215990.jpeg
エサキオサムシ

見つけた当時はこれがアワカズサオサムシか!と勘違いしていたがと生息域的に完全にエサキだと最近知った。

他のゴミムシやオオキベリを追加し父からの電話を受けタイムアップ。

b0364549_12253655.jpeg
うむ…楽しかった!!
オオサカアオやツヤキベリもいずれとってみたい!





















[PR]
by Nialoe5364 | 2016-04-03 19:56 | オサムシ・ゴミムシ

元旦採集



2時間半ほど時間があったので、ミーハーなこともしてみたいと思い元旦ラベルを求めて河川敷に向かった。

勿論狙いはヒメマイマイカブリ

結構良い場所当てたようで1時間半で33匹採れた
b0364549_12114807.jpeg

b0364549_12123414.jpeg
黒い個体がかなり多いポイントだった

b0364549_12140419.jpeg
ボンパ〜
新年良い滑り出しである


[PR]
by Nialoe5364 | 2016-04-03 19:54 | オサムシ・ゴミムシ

葦原のゴミムシ


冬休みに入り時間もあったため自転車に乗り、以前から採ってみたいと思っていた虫を求めて河川敷のサイクリングロードを突っ走る。

34km程チャリを漕ぎポイントに到着した

b0364549_10114296.jpeg

虫を採るという雰囲気には程遠いが東京湾限定のご当地ゴミムシが採れるのである。

学校のジャージに着替えクロックスサンダルを履きアシ原に突入していく。

b0364549_10110285.jpeg

5分程アシの枯れ草をかき分けると

b0364549_10125653.jpeg
キイロホソゴミムシ
早速本日の本命ゲット!

もっと苦戦するのかと思っていたけど、割とあっさり採れてしまった(笑)

更にアシをかき分けるとどんどん出てくる。
40匹近い集団も出たので半分程かっさらい採集を終了した。

...33匹も採ってしまったよ(笑)

b0364549_10141051.jpeg

絶滅危惧種に指定はされているものの、環境さえ残っていれば問題なく世代を繋げていせるようであった

そして、同じく河口付近に生息するハマべミズギワゴミムシも採集できた
b0364549_10155443.jpeg




[PR]
by Nialoe5364 | 2016-04-03 19:51 | オサムシ・ゴミムシ



2015/10/25
始発に乗るべく午前三時に起床しおむすびを作り駅に向かった。それにしてもめちゃくちゃ寒い…

電車とバスを乗り継ぎとある山へ


b0364549_12400882.jpeg

ハードな登りを終えて尾根に出る。
細い黒枯れの枝があったので捻るように折ってみると、ホソツヤルリクワガタと思われる幼虫が数匹現れたので枝をテイクアウト。

尾根を進むとプラティが好みそうな腐朽木がたくさん転がっているので割ってみる
案の定幼虫がポロポロと…そして成虫が姿を現す。
 
b0364549_12410527.jpeg
ピンボケしているがトウカイコルリであろう。
他にもマダラ、オニのような幼虫とゴミムシダマシを摘み。登山を再開。

途中登山道に倒れていた巨大なミズナラの倒木を割ってみるとクロナガオサムシが現れた。

b0364549_12414947.jpeg

山頂まで登りきり、産卵マークのある枝を割ってみるとプラティは出ないがハナカミキリと思われる幼虫が出てきたため持ち帰る
(後日ヤツボシハナカミキリと判明)
b0364549_12425197.jpeg
頂上付近には赤枯れの丸太点々としていて、割るとオオクロナガゴミムシやマルガタナガゴミムシなどのプテロ類が出てくる

マルバダケブキも群生しているのでコブ叩きを...なんて思っていたがかなり乾燥していて採れるわけもないので、丸太を割ってプテロを追加していく、しかしここで気づいた。

毒ビンを落としたいう事に…orz

クソゥクソゥなんでだよぉ、初採集のトウカイコルリも入ってたっていうのに(泣)
 
悔し紛れに道の横にあった丸太に振りかざすとか運がいいのか、悪いのか。今日の本命が姿を現した

b0364549_12433580.jpeg
ホソアカガネオサムシ

ヤッタ、採れた…なんだか複雑な気持ちだ…

どうやら集団で固まってたようで7個体得られた。真っ黒なオサムシだと思っていたが実物を良く見ると銅、黄、緑など様々な色彩の個体がいるようだった。
オサ堀りを続けるが追加はなく、このひもう1つの本命であるチチブホソクロナガオサムシが姿を表す事はなかった。




[PR]
by Nialoe5364 | 2016-04-03 19:43 | オサムシ・ゴミムシ



無事ヒメヤママユを採集し、同行された方々と別れ、山の夜明けを眺めながら、ラ◯チパックとメ◯シャキを腹の中に流し込み採集へ臨む


b0364549_11062410.jpeg

今回の目的は前々回と変わらずメクラチビゴミムシとプテロ。かなり冷え込んできているがまだ採れるだろう、と淡い期待抱きながら以前の沢へ…

早速石を起こす
不発…
もういっちょ!
不発…
まだまだ!
不発…
これは流石に…
不発…
もう、読めた…

うーん…キッツ…
前日の徹夜もあり頭がめちゃくちゃ痛ぇ…

余りにも頭痛が酷かったので、そのまま沢の脇に横たわり20分程仮眠をとる。
携帯のアラームが鳴り、目が覚め石起こしを再開する。

出ねぇ採れねぇ…やはり季節が原因なんだろうか?
プテロは採れそうにないからメクラチビを狙うべく、リュックから手グワを取出し、沢の脇を掘削しはじめると…

b0364549_11071714.jpeg
タナカナガゴミムシPterostichus(Nialoe)lalitys

あぁ、理解した。

その後掘削を続けると数は少ないがプテロが4頭出てきた。(うち1匹は生態写真を撮影しようとしたら泥中に潜られ見失った)

しかし、いくら掘ってもチビゴミは出ない
やはり難関種は違うな

全く採れる様子がないので沢移動
以前は見つからなかったがうまく発見できたので掘削を開始する。沢というより涸れ沢だが…

石を起こすとツヤヒラタやヨリトモナガゴミムシが飛び出してくる。30センチ程掘り進むと地下水が滲み出てきた。お、いい感じ!?

そんな事を思ってる時期が私にもありました。

2時間掘削を続けるが出てこない。出る気配がない。

そうこうしてるうちに時間もなくなり帰宅となった。帰りの道中はとてもきつく
電車内では涎を垂らして寝てしまったらしく、服が悲惨な事になっていた。



[PR]
by Nialoe5364 | 2016-04-03 19:42 | オサムシ・ゴミムシ