カテゴリ:未分類( 7 )

大学に合格しました

お久しぶりです。
志望していた大学に合格する事が出来ましたので報告させて頂きました。
来年から東京を離れ四国で生活する事になりました。
本日よりボチボチと採集記をアップしていきたいと思いますので、これからもよろしくおねがいします。

[PR]
by Nialoe5364 | 2017-12-11 16:40 | Comments(0)

お詫び

設定を誤り暫くの間コメント禁止の状態が続いていたようです。申し訳ありません。

更新はノロノロしていますが引き続きエセゴミムシをよろしくお願いします。

[PR]
by Nialoe5364 | 2017-11-10 20:51 | Comments(0)

近況だけでは何かもの足りなかったので去年から調べていた地元の公園過去の採集記 で採集できたオサムシ科の目録的なまとめをあげることにしました。




1エゾカタビロオサムシ


2アオオサムシ


3ナガヒョウタンゴミムシ


4メダカチビカワゴミムシ


5コガシラナガゴミムシ


6オオキンナガゴミムシ


7オオゴミムシ


8セアカヒラタゴミムシ


9クロモリヒラタゴミムシ


10ヒメツヤヒラタゴミムシ


11マルガタツヤヒラタゴミムシ


12オオクロツヤヒラタゴミムシ


13クロツヤヒラタゴミムシ


14マルガタゴミムシ


15ニセマルガタゴミムシ


16ナガマルガタゴミムシ


17オオマルガタゴミムシ


18ケウスゴモクムシ


19オオズケゴモクムシ


20ウスアカクロゴモクムシ


21クロゴモクムシ


22ツヤアオゴモクムシ


23マルガタゴモクムシ


24アカアシマルガタゴモクムシ


25ハコダテゴモクムシ


26ヒロゴモクムシ


27トゲアシゴモクムシ


28ヒメゴミムシ


29イツホシマメゴモクムシ


30マルヒメゴモクムシ


31オオイクビツヤゴモクムシ


32クビナガゴモクムシ


33オオアトボシアオゴミムシ


34アトワアオゴミムシ






都市公園でも多少自然環境が残っていれば多くの種類を確認できる。


そしてこの中で気になったのは以下の2種である。






6オオキンナガゴミムシ


当地では生きた個体は採集する事はできなかったが死骸を拾った。


この虫は一般的に普通種と言われているが、それにしてはだいぶ生息環境に癖があるように思える。


多産地のイメージは気温の低い湿原や草地。

つまりは高層湿原や北海道の草地などなのだが、今回都市公園という環境で採れた個体をそれらの環境の個体の標本と見比べて見たところ、明らかに体色が大きく異なっていた。


また、同じく低地の都内にある河川敷で採集した個体と比べても2周りほど小さかったが、こちらとは色に差異は見られなかった。


本種には不明な点が多くあるように思える、オオヒラタトックリゴミムシと同所的に採れているように見受けられるのもそうだし本当は3種に分けられるという噂も聞いたことがあったので、生態を解明するためにも、今後積極的に本種を探していこうと思う。




19オオズケゴモクムシ


何故か一頭のみしか採集できなかった。


ド普通種と思われがちだが本種も狙うとなかなか採れない気がする。

近縁のケウスゴモクムシはどこでも非常に多く生息しているが本種はどこへ行っても大量に見かけたことはない。


ゴモクムシは植物の種子を食する生態を持っているので、特定の植物に依存しているのかもしれない。



また、この調査ではアトキリゴミムシ類が全く採集できていないので今後は樹上性種にも目を向けて再調査してみたいと思う。


[PR]
by Nialoe5364 | 2017-10-25 23:56 | Comments(0)

越後のアキクロ

2016/7/23
人生の中で最長距離の遠征のため、早朝から電車に揺られ7時間。
目的地の新潟に到着

ターゲットは新潟名産?オサゴミのベーツ(ミズギワ)ナガゴミムシとアキタクロナガオサムシである。

駅で今回の採集を案内してくれるE.Kと合流。

まずはアキクロとプテロを狙うべく駅付近のスギ林にコップを埋設する事にした。
ここはEKがオサ堀りでアキタを大量に採ったポイントらしい。採れるといいが…

粘土質に苦戦しながらも80個のトラップ設置を完了させ
帰り際に、掛けたばかりのトラップに早速なにかが落ちているのを発見
b0364549_00072062.jpg

マガタマハンミョウ
Cylindera (Apterodela) ovipennis Bates,1833

マガタマじゃん!
憧れの虫を採集しやっと新潟に来た実感が湧く。

EKによるとここらではそこら中で湧くらしい。
おそらく関東でいうトウキョウヒメハンミョウぐらいの感覚なのだろうか…
非常に羨ましい…

スギ林を後にして
外灯採集までは時間があるようなので外灯ポイントの休憩所で駄弁りつつ日没を待つ

b0364549_00153345.jpg


早速EKがミヤマクワガタメスを発見

日が暮れて虫が飛び始めてきたのか…?
見回りを開始する

甲虫に関してはコクワガタやウスバカミキリやミヤマカミキリやミヤマクワガタがポツポツと飛来してきたがゴールデンタイムを迎えてもなかなか飛来してこないので、ポイントを移動し海沿いにあった歩道橋を見回りシロスジコガネを数匹採集


そして、ここので驚かされたのはこいつ…
b0364549_00194040.jpg


海抜0mアカアシクワガタ!
新潟クオリティ恐るべし

最後の見回りポイントであるコンビニでミヤマクワガタとシロスジコガネ多数追加
b0364549_00185246.jpg
シロスジコガネ
Polyphylla albolineata Motschulsky,1861

そして普通種らしいが渡良瀬以来で地元東京ではなかなかお目にかかれない(自分が採れてないだけかもしれない)キンナガゴミムシを数匹採集できた。
湿地帯、山地、海浜の虫が全て揃う。
東京や宮崎では絶対に真似できない環境がここにはある。これが新潟クオリティか!

飛来状況は良くなかったらしいが自分には十分に楽しめた。採集を終了させEK宅にお邪魔させてもらいガールズトークならぬボーイズムシヤトークやお土産交換などをして就寝…
b0364549_00270815.jpg
EK宅にて生け捕りされていたオオヨツボシゴミムシ。新潟では個体数が多いらしい…こいつについての情報もいくつか教えて貰った


7/24
コンビニで朝飯を済ませ、直ぐにEKとともにトラップ回収へ向う。

30分程でスギ林に到着…
ベーツナガとアキクロ落ちていてくれ!

結果はこんな感じ

b0364549_00320934.jpg
そしてちゃんと採集することが出来た
b0364549_19393499.jpg
アキタクロナガオサムシ
Carabus(Euleptocarabus)porrecticollis Bate,1883
前胸の青みと鞘翅の凹凸。
造形、色彩共に素晴らしいオサムシ
オサ始めて以来憧れのオサムシを指で掴んでるのに、実感がわかないぜ畜生!
発生初期なのか個体数は少なくテネラルも混じっていた。

ベーツナガの方は採れなかった。
これはまたいずれ必ずリベンジしよう。
他には
b0364549_22144804.jpg
クロオサムシ越後亜種(エチゴクロオサムシ)
Carabus (Ohomopterus) albrechti echigo Ishikawa &Takami,1996
エサキには見ないメタリックピンクが美しい

b0364549_22242863.jpg
アオオサムシ
Carabus (Ohomopterus) inslicola
この地域はシナノアオとキタアオの混生域らしいが、採れたのは全て雌個体だったためどちらになるのかは分からない。

b0364549_22313644.jpg
ケゴモクムシ
Harpalus (Pseudoophonus) ussuriensis vicarius Harold, 1878

そこの人駄物なんて言っちゃいけない。
個人的にHarpalusは好きな方だ
理由は単純、一番身近なゴミムシであり都市公園の芝生でも豊富な種類が見られやり甲斐がある。
だがその中でコイツは他のケゴモクに比べ大きくて迫力がある。また、山に行かないと見れない特別感がある。


この後灼熱の林道を歩いたりしたが特に何もなかったので詳しい事はEKの採集記

駅でEKと別れを告げ長い長い帰路に着いた。
次に行くときはコアオマイマイやベーツナガを持って帰りたい

採集の案内してくれ、家に泊めてくれたE.K氏に感謝します。ありがとうございましたm(__)m



[PR]
by Nialoe5364 | 2017-01-07 00:03 | Comments(0)

新歓採集

5月21日
この日は某裏Tで新歓採集があったのだが集合場所の某T山口駅に着いたが、集合時間まで時間があったので
某T山に登って石起こしするため、いつもの沢へ…

時間までにひたすら石起こしをした結果はタナカが3匹
b0364549_18423573.jpg

タナカナガゴミムシ
Pterostichus(Nialoe)latistylis Tanaka,1958

高速下山し部員達と合流。
新歓採集開始

あまりめぼしい虫はいないが、ルッキング、石起こしをしながら
去年スルーして標本を持っていなかった普通種などをキープする機会ができた。



新歓の折り返し地点に到着
この付近にはクロヒゲアオゴミムシが生息していると、ばけもの先輩から聞いていたので探してみたが、採れなかった。

一年生達はミヤカラやアカスジキンカメなどを採集できたようでなにより。

新歓採集終点付近の林道入り口を散策していると、何やら大きめ甲虫が飛んできたのでネットイン

b0364549_21530406.jpg

ヨコヅナシモフリコメツキ
Actenicerus giganteus Kishii, 1975.
デカっ、よく見ると光沢が綺麗
ここでタイムアップ。あまり自由に採集できなかったが、終わりよければ全て良し。


[PR]
by Nialoe5364 | 2016-12-27 18:26 | Comments(2)

軽い報告

お久しぶりです。
カエデの花掬いが熱い季節になってきましたね。

このブログも二週間目に突入しました。一気に更新したから更新停滞?はしてるけれど、ちゃんと採集行ってるんでネタはまだあります。安心して下さい(笑)
とは言ってもアクセス数は見てて悲しい気持ちになる程度の数値。
けど、まだ初めたばっかだからもっとアクセスされるような素敵な虫ブログに…なれるのかな?w

まぁさっき言った通り、一気に更新したため採集した昆虫や種名の表記が雑だったので、次の更新からは画像の下に学名と標準和名。記事の最後に採った虫の学名と標準和名と数を記入していきたいと思います。

そして最後にもう一つ、私はプテロ屋を目指してる訳ですが採ったナガゴミはリスト化し同定方法などを載せていきたいと思います。

以上、プチ報告?でした



[PR]
by Nialoe5364 | 2016-04-17 09:51 | Comments(0)

初めまして

ブログ始めました。
このブログの方針についてザックリ説明すると採集記、同定方法、標本作成などについてダラダラとアップしていくつもりです。多分しょーもない独り言や雑記も多く、文体も非常に読み辛いとは思いますが、悪しからず( ̄▽ ̄)


[PR]
by Nialoe5364 | 2016-04-03 19:00 | Comments(0)